仲間同士でレポートを紹介し合いは普通 - 大金を稼ぐアフィリエイトの実用ビジネス

仲間同士でレポートを紹介し合いは普通


情報アフィリエイターが
仲間同士で、作成したレポートを紹介するのは普通ですよ。



しかし、こういう世界は
本当に腹黒い世界で



少しでも気に入らない
アフィリエイターのレポートは一切紹介されません。



それが、どんなに有益で
素晴らしいものであってもです。



Y氏の某レポートは
色々なブログで紹介されているようですが



あの程度の自慢レポートが
よく「紹介されているなぁ」って思います。



記事を見れば解りますが
あんなの、絶対稼げていないでしょう。



記事の半分が顔文字だらけで
ふざけているとしか思えません。



そんなアフィリエイターが
わずか、半年で稼げたと言っても信頼性は薄いでしょう。



報酬もどこで盗んだか解らないのに
良くやるよって感じですよ。



Y氏のレポート内で
1カラムでなら稼ぎやすいと言う事を書いています。



確かに、キラーページなら
いらないリンクが無い分稼げるでしょう。



しかし、Y氏のレポートには
「キラーページは」という表現で無く



「レビューページは」といった表現を使用しています。



こういった表現は
初心者なら誤解を招く発言です。



こういった部分の配慮がないアフィリエイターが
偉そうに、1万円以上稼げましたと良く言えますね。




キラーページと書くと
余計な説明がいるので面倒なのでしょう。




僕のサイトでは
2カラムでも十分稼いでいます。



1カラムで無いと稼げないと言う
根拠はどこにもありません。



それを、誇らしげに言えてしまえると言う事は
それこそ、詐欺師のやり方であり



憎むべきインフォスタイル系のブログのやり方でしょう。


ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。