大金を稼ぐアフィリエイトの実用ビジネス

SEO対策で購買意欲の高いアクセスが倍増する方法


SEO対策で購買意欲の高い
アクセスが倍増する方法とは本当は簡単なものです。



しかし、無意味なページを何千と増やしても
アクセスは上がるはずはないでしょう。



やみくもに、アクセスを上げている人って
本当に多いですよね。



しかし、購買意欲の高いアクセスを
100アクセス自分のサイトに来れば



そのうちの半分50の人が
広告をクリックしてくれるでしょう。



さらに、その中の25人が購入してくれれば
良い方と考えた方が良いでしょう。



実際は、25人クリックされて
1〜3人購入されればいい方でしょうね。



購買意欲が強くても
稼げる割合は低いのですな。



しかし、さらにアクセスを
上げる努力をしたとして



200アクセス来て
100人クリックしてくれれば



50人購入される確率が高くなるという話です。



所詮は、人間が買い物をするので
購入するかしないかは訪問者が決める事ですな。



さて、そこであなたに質問です。



あなたは、このまま稼げる確率が
かなり低いままアフィリエイトを続けますか?



それとも、稼げる確率をさらに上げて
アフィリエイトに挑みますか?



もし、あなたの考えが
後者であれば以下のサイトに登録すると良いでしょう。



被リンク1万件プレゼント


もちろん、登録は無料です。



後から、お金を請求されると言う事も
ありませんので安心できます。


仲間同士でレポートを紹介し合いは普通


情報アフィリエイターが
仲間同士で、作成したレポートを紹介するのは普通ですよ。



しかし、こういう世界は
本当に腹黒い世界で



少しでも気に入らない
アフィリエイターのレポートは一切紹介されません。



それが、どんなに有益で
素晴らしいものであってもです。



Y氏の某レポートは
色々なブログで紹介されているようですが



あの程度の自慢レポートが
よく「紹介されているなぁ」って思います。



記事を見れば解りますが
あんなの、絶対稼げていないでしょう。



記事の半分が顔文字だらけで
ふざけているとしか思えません。



そんなアフィリエイターが
わずか、半年で稼げたと言っても信頼性は薄いでしょう。



報酬もどこで盗んだか解らないのに
良くやるよって感じですよ。



Y氏のレポート内で
1カラムでなら稼ぎやすいと言う事を書いています。



確かに、キラーページなら
いらないリンクが無い分稼げるでしょう。



しかし、Y氏のレポートには
「キラーページは」という表現で無く



「レビューページは」といった表現を使用しています。



こういった表現は
初心者なら誤解を招く発言です。



こういった部分の配慮がないアフィリエイターが
偉そうに、1万円以上稼げましたと良く言えますね。




キラーページと書くと
余計な説明がいるので面倒なのでしょう。




僕のサイトでは
2カラムでも十分稼いでいます。



1カラムで無いと稼げないと言う
根拠はどこにもありません。



それを、誇らしげに言えてしまえると言う事は
それこそ、詐欺師のやり方であり



憎むべきインフォスタイル系のブログのやり方でしょう。


逃げの口実と言われるが本当にそうなのか?



情報アフィリエイターのブログを見ていると
マインドを語る時良く「逃げの口実」と書かれています。



どういった時に使われているかというと
次のように使われています。



「更新する時間がないなど、それは、逃げの口実です」



書いている事は確かにそうですが
無理をして更新しても安っぽい記事や



中身のないレポートなど
作成してしまいます。



逃げの口実と言われるが本当にそうなのか?



常にそう考えていると
本当は逃げの口実ではなく



戦略のための口実と
言い換えることもできます。



毎日更新するのが偉いのか?



意味のない、売り込みだけのカス同然の記事や
いい加減な記事など書いてしまう原因になるので



毎日更新していくと言うのは
情報アフィリでは偉くは無いのです。



更新ボタンを押す前に
記事を何度も再確認をして更新すると良いでしょうね。



まあ、おいらに対する反乱軍は
全く違う意見で物を言う事でしょうな。



しかし、アフィリエイトに正解は無いので
ダメだと言われている事も



色々な組み合わせのアフィリで
行うのも良いかもしれません。



まあ、何度も言うけど
稼げない人の言う事はやめましょうね^^;


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。